ファイナンス/会計/税務

【新規上場企業分析】T.S.IのIPO・時価総額・業績・事業内容・有価証券報告書を徹底分析

T.S.Iの概要

T.S.Iの基本情報

はじめに株式会社T.S.Iの基本情報を紹介します。 上場予定日は2021年3月19日、市場はマザーズ、想定時価総額は23.7です。

会社名 株式会社T.S.I(ティー・エス・アイ)
設立日 2010 年 2 月 2 日
上場日 2021 年 3 月 19 日 (承認日:2021年2月12日)
市場 マザーズ
証券コード 7362
業種 サービス業
決算期 12月
ホームページアドレス https://www.t-s-i.jp/
発行済株式総数 1,228,000 株(2021 年 2 月 12 日現在)
上場時発行済株式総数 1,528,000 株 ※公募分を含む。
公募株数 300,000 株
想定価格 1,550円
想定時価総額 23.7億円 (※上場時発行済株式総数×想定価格で計算)
資本金 98,200 千円(2021 年 2 月 12 日現在)
1単元の株式数 100株
監査人 PwC京都監査法人
主幹事証券会社 野村證券
引受幹事証券会社 大和証券 SMBC日興証券 SBI証券 西村証券 東海東京証券

T.S.Iの沿革

株式会社T.S.Iは、2010年に京都市で訪問介護事業を運営する会社として設立されました。 その後、業容を拡大し、サービス付き高齢者向け住宅の運営を開始、現在では、近畿・中国地方を中心に計24拠点を運営しています。

2010年2月  京都市西京区にて、訪問看護事業を営むことを目的に会社設立(資本金10,000千円)
2010年5月  訪問看護事業を開始し、「訪問看護ステーションえんじゅ桂」(京都市西京区)開設
2012年12月 訪問介護事業を開始し、「ケアステーションえんじゅおごと」(滋賀県大津市、現「ケアステ ーションあんじぇすおごと」)開設
2013年1月  居宅介護支援事業を開始し、「ケアプランセンターえんじゅおごと」(滋賀県大津市)開設
2013年3月  サービス付き高齢者向け住宅事業を開始し、「アンジェスおごと」(滋賀県大津市)運営開始
2013年10月  サービス付き高齢者向け住宅として京都府へ進出  「アンジェス亀岡」(京都府亀岡市)運営開始
2014年11月 サービス付き高齢者向け住宅として岡山県へ進出 「アンジェス中庄」(岡山県倉敷市)運営開始
2015年11月  株式会社北山住宅販売(現 連結子会社)の株式を取得し子会社化
2016年9月 サービス付き高齢者向け住宅として静岡県へ進出   初の44室モデルとなる「アンジェス浜松中沢」(浜松市中区)運営開始
2017年5月  株式会社北山住宅販売(現 連結子会社)の株式を追加取得し完全子会社化
2018年10月 サービス付き高齢者向け住宅として兵庫県へ進出   「アンジェス姫路」(兵庫県姫路市)運営開始
2019年12月 初の69室モデルとなる「アンジェス加古川」(兵庫県加古川市)運営開始
2020年6月  サービス付き高齢者向け住宅として愛知県へ進出   「アンジェス一宮奥町」(愛知県一宮市)運営開始
2020年11月 サービス付き高齢者向け住宅として神奈川県へ進出   「アンジェス相模原」(相模原市緑区)運営開始

T.S.Iの事業内容

T.S.Iは、「愛ある日々のお手伝い」を経営理念に掲げ、住宅付き介護サービスと訪問型介護サービスを提供する「介護事業」、サービス付き高齢者住宅の設計・建設を行う「不動産事業」の2つの事業セグメントを運営する企業です。 以下の図は、T.S.Iの事業系統を表しています。 T.S.Iの事業系統図

介護事業

T.S.Iが運営する「介護事業」は、介護対象者の状態やニーズに合わせて主に3種類の介護サービスを提供する事業セグメントです。

1つ目のサービスである「サービス付き高齢者向け住宅」は、高齢者に住まいを提供し介護を行う事業です。また、介護を受ける対象者の状態や入居者のニーズによってサービス内容や料金体型が異なります。 この事業のビジネスの特徴は、サブリースによる一括借上で運営される「施設系」、自社借上による賃貸借契約によって運営される「住宅系」に施設が分類されている点です。 このような施設は、2020年12月期末時点で24拠点746居室が運営されており、5期で約3倍の規模に成長しました。

2つ目のサービスである「訪問介護/介護予防・日常生活支援」は、ケアワーカーやホームヘルパーなどの訪問による食事・入浴などの生活支援サービスとして運営されています。 このサービスは、他の2つのサービスと比べた場合、介護よりも生活支援を目的としており、比較的自立した生活が可能な顧客に向けて提供されている点が特徴です。

3つ目のサービスである「居宅介護支援」は、在宅で介護を希望する利用者向けの介護サービスです。このサービスでは、ケアマネージャーが要介護者・要支援者の自宅を訪問し、介護サービスを提供しますが、「サービス付き高齢者向け住宅」の運営によって習得された知識やノウハウが生かされています。

不動産事業

不動産事業は、主にT.S.Iが運営するサービス付き高齢者向け住宅の設計・建築を行うT.S.Iが運営する第2の事業セグメントです。

この事業は、子会社である株式会社北山住宅販売がオーナーと建築請負契約を締結し、サービス付き高齢者向け住宅の設計から建築までを行っています。

また、これまで同一モデルのサービス付き高齢者向け住宅を手掛けてきたノウハウの蓄積による設計期間の短縮化や効率化、高品質化が主な強みです。

有価証券報告書情報

連結の経営指標(過去2期分)

第10期の業績は以下の通りです。

  • 売上高:23.9億円(前年比+9.8%)
  • 経常利益:0.1億円(前年比+76.6%)
  • 当期純利益:0.07億円(前年比△2.3%)
第9期 第10期
決算年月 2019年12月 2020年12月
売上高(千円) 2,172,316 2,385,476
経常利益(千円) 60,693 107,219
当期純利益(千円) 78,297 76,503
純資産額(千円) 58,546 135,049
総資産額(千円) 1,543,273 2,067,167
自己資本比率 3.8% 6.5%
営業キャッシュフロー(千円) △42,331 192,109
投資キャッシュフロー(千円) △3,487 △360,655
財務キャッシュフロー(千円) 43,912 317,641
現金・現金同等物の期末残高(千円) 260,670 409,766
従業員数 185人 205人

 

単体の経営指標(過去5期分)

過去5期の業績を見ると、5年間で売上は約5倍近く成長しています。 一方、利益面に関しては、第8期まで赤字で計上されていましたが、第9期以降は黒字に転換し、その後は業績を伸長させています。

第6期 第7期 第8期 第9期 第10期
決算年月 2016年12月 2017年12月 2018年12月 2019年12月  2020年12月
売上高(千円) 415,651 747,503 1,188,796 1,573,901 1,962,572
経常利益(千円) △43,858 △44,735 △12,480 46,058 120,027
当期純利益(千円) △44,887 19,264 △13,826  56,957 88,958
資本金(千円) 90,000 90,000 98,200 98,200 98,200
発行済株式総数 9,000 9,000 12,280 12,280 12,280
純資産額(千円) 4,493 23,757 272 37,207 126,165
総資産額(千円) 435,507 291,569 353,594 452,114 604,298
自己資本比率 1.0% 8.1% 0.1% 8.2% 20.9%
従業員数 75人 119人 130人 180人 199人

 

株主構成

上位10位までの株主は、以下の通りです。

株主 所有株式数 比率 ロックアップ
北山忠雄 658,000 53.58 90日間
北山優吾 128,000 10.42 90日間
北山千賀子 100,000 8.14 90日間
北山裕美 100,000 8.14 90日間
北山雄三 100,000 8.14 90日間
北田翔士 30,000 2.44 90日間
北山由紀子 25,000 2.04 90日間
吉国潤子 15,000 1.22 90日間
中村眞里 5,000 0.41 90日間
髙岡まり子 5,000 0.41 90日間

上場時(IPO)の募集・売出し情報

公募・売出し・調達額情報

公募価格は900円、吸収金額(調達額)は7.1とされています。

仮条件 1,700~2,000
公募・売出価格 2,000
想定価格 900円
初値
公募株数 300,000 株
売出株数 100,000 株
オーバーアロットメントによる売出し株数 60,000 株
吸収金額(調達額) 7.1 億円(※オーバーアロットメントを含む株数×公募価格で計算)