判例

労働判例の読み方「公務員」【森町・町長ほか事件】函館地裁平30.2.2判決(労判1187.54)

0.事案の概要

 この裁判例は、経費や出張費をごまかした公務員に対する停職処分の有効性が争われた事案で、停職処分を有効と判断しました。

1.官僚の労働法の特徴

 民間企業で、従業員にとって不利な処分の有効性が争われた場合、例えば解雇が顕著ですが、会社の側が処分の合理性を主張立証すべき負担を事実上負うことになります(労契法221項参照)。
 他方、公務員の場合には、行政庁の処分行為として行政庁側に大幅な裁量権限が認められており、公務員の側が処分の違法性(裁量権の逸脱)を主張立証しなければなりません。
 実際に、行政庁の処分の場合はこの程度で有効なんだ、と実感する裁判例も多く見かけます。

2.実務上のポイント

 実際、数万円のごまかしで、訴訟対象となった6ヶ月の停職処分の他、降格減給処分も行っており、民間企業の場合であれば少し重いようにも感じます。
 もっとも、懲戒事例ごとの処分例や基準が定められていたうえで、それに沿って処分が行われており、基準の明確性などの事情も踏まえれば、民間企業でもこの程度の処分が認められるのかもしれません。
 しかし、いずれにしても民間企業の先例としては、少し使いにくい裁判例となります。

※ JILAの研究会(東京、大阪)で、毎月1回、労働判例を読み込んでいます。
 その中から、特に気になる判例について、コメントします。

ABOUT ME
芦原 一郎
芦原 一郎
弁護士法人キャスト パートナー弁護士/NY州弁護士/証券アナリスト 東弁労働法委員会副委員長/JILA(日本組織内弁護士協会)理事 JILA芦原ゼミ、JILA労働判例ゼミ、社労士向け「芦原労判ゼミ」主宰
労務・労働問題についての専門家相談窓口はこちら

スタートアップドライブでは、労務や労働問題の相談に最適な専門家や法律事務所を無料で紹介します。
お電話で03-6206-1106(受付時間 9:00〜18:00(日・祝を除く))、
または24時間365日相談可能な以下のフォームよりお問い合わせください。