判例

労働判例の読み方「更新拒絶」【国際自動車ほか(再雇用更新拒絶・本訴)事件】東京高裁平31.2.13判決(労判1199.25)

0.事案の概要

 この事案は、無期契約者らXが定年後、再雇用や雇用継続を拒否されたことの適法性を争ったものです。裁判所は、一部について違法と判断しました。
 この事案では、労働組合との労働者供給契約に基づいて、定年後の再雇用がなされる運用になっていたもので、労働者供給契約の問題もありますが、その点は、別の裁判例(国際自動車(再雇用更新拒絶第2・仮処分)事件(本連載2月26日、東京地裁平30.5.11判決、労判1192.60)で検討していますので、ここでは検討しません。

1.再雇用(契約成立)の可能性

 この裁判例で特に注目されるのは、労契法19条の趣旨ないし信義則を理由に、無期契約終了後の有期契約が成立する可能性についての判断です。
 本来、契約の継続や延長と異なり、新たな契約の成立は様々な条件を決めなければならず、両当事者の意思の合致が必要ですから、そのような合意もなしに有期契約が成立することはありません。実際、1審判決はこのことを明確に認めていますし、2審判決も、結論的には有期契約の成立を否定しています。
 つまり、様々な条件を決め、合意しなければならない「契約成立」に関し、仮にそれまで雇用が継続していた場合であっても、簡単に労契法19条の類推適用ができないのです。
 けれども、2審判決は、結果的に類推適用を否定したものの、一般論としてこれが適用されるべき場合を明らかにしました。
 すなわち、①再雇用が決まっていて(就業規則の規定等、慣行)、②その場合の条件が特定されていて、③会社が再雇用しないことに客観的な合理性が無い場合には、再雇用契約が成立する、と判断したのです。
 新たな契約の場合に労契法19条の類推適用の難しい理由が、新たな合意であって、様々な条件を決めなければならなかった点にありますので、この問題が克服される場合には、類推適用の可能性があるとするルールにも、合理性が認められるのです。

2.A2(雇用継続)の有無

 次に注目されるのは、1審と2審で評価が分かれたA22番目の原告)です。
 すなわち、1審判決は、①欠勤が長期間に及ぶものの、その原因が業務従事中の交通事故に起因する傷病によること、②雇用継続しない主要な動機が、別件で会社を訴えていた点にあること、を考慮すると、雇用継続しない(雇止めする)客観的合理的な理由がない、と評価しています。
 これに対して2審判決は、②について、これを特に否定しないものの、①について、この疾病による休職は11日でしかない点を指摘し、さらに③再雇用者には休職の制度がないことを指摘し、客観的合理的な理由がある、と評価しています。
 とりわけ、②会社を訴える従業員の雇用は継続しない、という会社側の動機を、特に否定せず、客観的合理性があればそれでよい(①③)と判断した点が、評価の別れる点かもしれません。会社を訴えることは正当な権利の行使であり、それを理由とする雇止めはおかしい、という批判がありそうです。
 けれども、2審判決は、このような②会社側の動機について、このような動機を考慮したとしても客観的合理性がある、という表現をしています。決して、②会社側の動機などどうでもいい、と言っているのではありません。その程度は分かりませんが、②のような動機は、会社にとってマイナスに働くことは2審判決も認めている、と読めるのです。
 たしかに、組織で活動すべき会社の中で、会社に馴染もうとしない人がいる場合に、会社秩序やチームワークを乱すのでお引き取り願おう、と会社が考えることは、不合理ではありません。企業秩序を乱すことが、懲戒事由や、人事上の不利益処分の根拠の一つとして、相応の合理性があるからです。そこで、会社としても、正当な権利である訴訟提起を根拠にするのではなく、より具体的にチームワークをどのように見出し、会社秩序をどのように侵害したのかをより具体的に主張すれば、この点の問題はより小さくなったでしょう。
 けれども、2審判決も、訴訟提起したことを更新拒絶の根拠にすることについては、少なくともその表現上、否定的です。むしろ、消極的な事情と位置付けており、それを上回る合理性が必要なのです。

3.実務上のポイント

 この事件は、会社がM&Aを通して大きくなっていく過程で、従業員の処遇に関する違い(特にここでは、定年再雇用の違い)が問題になりました。
 雇用条件の違いを克服するのは簡単ではなく、合併後何年もかけて克服する場合もありますので、慎重な判断と対応が必要ですが、M&Aの際に「労務デューデリジェンス」を行い、問題点を予め明確にするだけでなく、M&A前から違いを克服するための準備を始めておけば、再雇用や雇用継続を、必要以上に期待させることを防止できたかもしれません(この事件の多数の原告のうちの何名かについては、という意味)。
 M&Aのプロセス、という観点から検討しても、何か得るものがありそうな裁判例です。

※ JILAの研究会(東京、大阪)で、毎月1回、労働判例を読み込んでいます。
 その中から、特に気になる判例について、コメントします。

ABOUT ME
芦原 一郎
芦原 一郎
弁護士法人キャスト パートナー弁護士/NY州弁護士/証券アナリスト 東弁労働法委員会副委員長/JILA(日本組織内弁護士協会)理事 JILA芦原ゼミ、JILA労働判例ゼミ、社労士向け「芦原労判ゼミ」主宰
労務・労働問題についての専門家相談窓口はこちら

スタートアップドライブでは、労務や労働問題の相談に最適な専門家や法律事務所を無料で紹介します。
お電話で03-6206-1106(受付時間 9:00〜18:00(日・祝を除く))、
または24時間365日相談可能な以下のフォームよりお問い合わせください。