自己破産

自己破産は自分で出来る?手続きの流れやポイントを紹介

さいむくん
さいむくん
もう借金を返していくのも限界だ…。

自己破産したいけど、弁護士に支払うお金もないし、自分で手続きできるのかな?

自己破産といえば、裁判所から「免責許可」をもらって、借金をゼロにする手続きだったよね。

裁判所への申立てなんて、弁護士じゃない人でもできるのかな?

ともだち
ともだち

自己破産をお考えの方で、このようにお悩みの方はいませんか?

この記事では、自己破産の手続きを自分で行うための方法や、注意すべきポイントなどについてまとめています!

\LINEで減額診断しよう!/

無料!匿名OK!

自己破産の手続きは自分でできる?

せんせい
せんせい
結論からいえば、自己破産の手続きは自分で行うことも可能です。

弁護士は、あくまで「代理人」として手続きを代行したり、サポートするにすぎません。

結局裁判所から免責許可(借金をゼロにする許可)をもらうのは本人ですから、本人が手続きを行うことはもちろん可能です。

自己破産手続きを自分で行うための手続きは、大きく分けて、①書類を準備し、②裁判所に申立てをする、という流れで行います。

書類を集めて裁判所に提出するだけか!

なんだか、意外と簡単そうにできる気がするぞ?

さいむくん
さいむくん

書類を準備する

せんせい
せんせい
まずは、裁判所に対して提出する書類を揃えます。

どんな書類が必要なのかは人によって異なりますが、おおむね次の通りです。

書類 備考
給与明細の写し 給与所得者(パート・アルバイト含む)は必須
退職金を証明する書類 過去に受け取った人・これから受け取る人
年金等の受給証明書 年金受給者は必須
生活保護の受給証明書 生活保護受給者は必須
賃貸借契約書 賃貸物件に居住している人
不動産に関する書類 登記簿など。不動産を保有している人
車検証・査定表 自動車やバイクを保有している人
保険に関する書類 保険証書や、保険解約証明書など
消費貸借契約書 お金を借りている人は必須
クレジットカード 利用していないものも含め、全て揃える
株やFXなどの取引明細 証券会社等のWebサイトから印刷する
その他裁判所から提出を求められた書類
ヒェッ…。

こんなにたくさん用意しないといけないの?めちゃくちゃ面倒そうだな…。

さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
まだ終わっていませんよ。

これらの書類は、「人によっては」揃えなければならない書類です。

以下のリストは、破産の申立てをする人が、必ず、用意しなければならない書類の一覧です。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

書類 備考
破産手続開始・免責許可申立書 裁判所で入手可能
陳述書 裁判所で入手可能
債権者一覧表 裁判所で入手可能。ただしどんな債権者がいるのかは自分で調査する
住民票 市区町村役場等で入手可能
源泉徴収票の写し、又は納税証明書・非課税証明書 源泉徴収票は勤務先、
納税・非課税証明書は市区町村役場等
家計簿(申立ての過去1か月分) 自身で作成
預金通帳の写し インターネットバンクを使っている場合、その銀行のWebサイトから取得
申立人の財産目録 裁判所から入手可能
ちなみに、「裁判所で入手可能」とある書類のほとんどは、裁判所のWebサイトからダウンロードすることができます。

ただし個人的には、裁判所へ行って、裁判所職員の方に書き方などを聞くことをおすすめします。

せんせい
せんせい

裁判所に申立てを行う

さいむくん
さいむくん
先生、なんだかもう頭が痛くなってきました。

でも、書類さえ揃えてしまえば、あとは提出するだけなんですよね?

そうですね。基本的には、自宅(住民票のあるところ)から一番近い地方裁判所が管轄となります。

申し立てた裁判所によって異なりますが、自己破産の申立てをしてから1か月ほどすると、裁判所からの呼び出しがあり、裁判官と面談して破産理由などを説明する機会が設けられます。

せんせい
せんせい
ともだち
ともだち
さ、裁判官と面談するの!?

なんだか罪を犯したみたいで、いやだな…。

申立人との面談は、テレビなどでよく観る、いわゆる「法廷」で行われるわけではなく、赤の他人からは見られずに行われるので、安心してください。
せんせい
せんせい

自分で手続きをするデメリット

さいむくん
さいむくん
先生は書類を集めて裁判所に提出するだけ、なんて簡単に言ったけど、実際にはめちゃくちゃ面倒じゃないか…騙された気分だよ…。

先生、ほかにも自分で手続きをすることのデメリットはありますか?

そんな人聞きの悪いことを言わないでください…。

そうですね、自分で手続きをするデメリットとしては、次の2点が挙げられますね。

せんせい
せんせい

手続きが難しい

せんせい
せんせい
まずは、手続き自体が非常に難しいことですね。

先ほど、裁判所に対して「破産手続開始・免責許可申立書」を提出しなければならないと紹介しましたね。

この書類には、「破産手続開始の原因となる事実」とか、「債務者の財産に関してされている他の手続又は処分で申立人に知れているもの」などを記入しなければなりません。

うわ、なんだかとっても難しい。

裁判所の手続きだから、どうしても難しい法律用語が多くなってしまうんですね。

ともだち
ともだち
せんせい
せんせい
そうですね。

確かに自己破産の手続きは、書類を準備して裁判所に提出!

とシンプルではあるのですが、その書類の作成自体がとても難しいので、個人でやるのは大変だと思います。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

時間がかかる

さいむくん
さいむくん
たくさんの書類を準備・記入するだけでも、めちゃくちゃ時間がかかりそうだね…。

もし書類に不備があったら、破産が認められないことになっちゃうんですか?

書類に不備があっても、それだけで破産が認められない、ということはありません。

裁判所から電話や郵送で「こういう不備がありましたので、いついつまでに補正してください」とか「足りない書類がありましたので追加で郵送してください」といった通知があります。

弁護士としての経験上、個人で申立てをする方は、この補正命令を受ける方が非常に多いですね。

せんせい
せんせい
ともだち
ともだち
だってあんなにたくさんの書類、一発で揃えられるわけがないよ…。

でも、裁判所から通知があるなら、安心ですね!

裁判所からの通知は、平日(9時~17時)に電話で掛かってくるか郵送されてくるため、お仕事をしている方はなかなか受け取ることができず、手続きに時間がかかってしまうこともありますね。

また、多くの人は法的な文章の作成に慣れていないため、申請した内容では裁判官に意図がうまく伝わらず、なんども面談をしたりすることになる人もいますね。

せんせい
せんせい

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

弁護士に手続きを依頼するメリット

さいむくん
さいむくん
個人で手続きをするとたくさんデメリットがあることはわかりました…。

では先生、弁護士に依頼するメリットも教えてもらえますか?

催促が止まる

せんせい
せんせい
まず、弁護士が自己破産手続きを行うことによって、サラ金などの債権者からの催促がいったんストップすることが挙げられますね。

弁護士が正式に個人再生手続きの依頼を受けると、債権者に対して「受任通知」というものを発送するのですが、この通知の到達以降は取立行為を行うことが禁止されているんです。

自己破産の手続きには時間がかかるから、その間も督促がストップすることはありがたいね!

自分で手続きを行う場合には、その間もずっと電話がかかってくることになるから、ノイローゼになっちゃうよ…。

さいむくん
さいむくん

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

免責許可が下りやすい

せんせい
せんせい
また、弁護士が手続きを行う場合には、個人で手続きを行う場合と比べて、免責許可がおりやすい傾向にあります。

さきほど、自己破産には用意すべき書類が多いことを紹介しましたが、これらの書類は弁護士が集めて作成することができるため、書類不備になることがほとんどないことが理由のひとつです。

そういえばさいむくん、自己破産は、ギャンブルや浪費などが原因でつくった借金は免責されにくいって知っていましたか?

えっそうなんですか!?

僕はギャンブルが原因で借金をつくっちゃったから、自己破産できないのかな…。

さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
自己破産ができない原因のことを「免責不許可事由(めんせきふきょかじゆう)」といいますが、この事由がある場合であっても、裁判所はいろいろな事情を考慮して、免責をすることもできます。

したがって、さいむくんがギャンブルを理由に借金をつくってしまっていても、私たち弁護士が裁判官を説得できれば、自己破産が認められることになります。

なるほど。

法律の専門家であり、交渉のプロでもある弁護士に依頼すれば、借金や浪費が原因の借金であっても免責されやすくなるんですね!

ともだち
ともだち

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

面接に同席してくれる

せんせい
せんせい
さきほど紹介したように、自己破産手続きのなかで裁判官と面談をする必要がありますが、ほかにも債権者集会や管財人面接など、いくつか面談をする機会があります。

こうした面談にひとりで出席するのは、けっこう不安ではありませんか?

たしかに…。

裁判官となんて今まで話したこともないし、お金を借りてる相手と破産の話合いをするのも、めっちゃ嫌だな…。

さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
弁護士は、こうした面談に同席し、さいむくんの代わりに受け答えすることが認められています。

実は自己破産手続きは司法書士に依頼することもできるのですが、司法書士の場合にはこうした面談に同席することはできず、ひとりで対応をしなければなりません。

司法書士は弁護士と比べると費用が安いというメリットがあるけど、面談に同席してくれないっていうデメリットがあるんですね!
さいむくん
さいむくん

まとめ

ともだち
ともだち
今回の話をまとめると、次のようになりますね。
まとめ
  • 自己破産は自分で行うことも可能
  • しかし自分で行うと手続きが面倒で、時間がかかることも
  • 成功率を上げ、効率よく手続きを行うためにも、弁護士に相談しよう
最近では、弁護士費用の分割払いに応じてくれる法律事務所も増えているみたいなので、まずは一度弁護士に相談してみてほしいですね!
せんせい
せんせい
弁護士に相談することで
借金を大幅に減らせる可能性があります。
催促の電話を止めたい
毎月の返済額を減らしたい
返済するのが難しくなった
過払い金があるのか気になる

まずは借金問題の解決実績が豊富な
FAST法律事務所に無料でご相談ください。

今すぐご相談されたい方はこちら
0120-201-727
受付時間:24時間対応
著者情報

この記事の監修者
岡本 順一
岡本 順一FAST法律事務所 代表弁護士

2013年弁護士登録後、都内の法律事務所に所属。

企業法務をはじめ、離婚・男女トラブルの案件、芸能関係の案件、債務整理関連の案件などを多数手がける。

2022年よりスタートアップ法務を専門に手がけるFAST法律事務所の代表弁護士に就任。

監修者の詳細なプロフィール
この記事の筆者
浜北 和真株式会社PALS Marketing コンテンツディレクター

2017年から法律メディアに携わりはじめる。離婚や債務整理など、消費者向けのコンテンツ制作が得意。
監修したコラムはゆうに3000を超える。

20代後半に作ってしまった借金100万円を自力で完済した。

筆者の詳細なプロフィール