闇金

闇金問題は弁護士に相談!返済する必要がない理由

闇金は、貸金業法の上限を超えた高い利息でお金を貸しています。

闇金からお金を借りてしまった人は、すぐに弁護士に相談しましょう。

返済しすぎたお金の返還を求めたり、今後の返済をストップしたり出来ます。

さいむくん
さいむくん
闇金からの取立てがキツい!

もう一人で戦うのは限界だし、弁護士に依頼しようかなぁ。

闇金対応って、弁護士に依頼して本当に効果があるのかなぁ?
ともだち
ともだち

闇金被害にお困りの方で、このようにお考えの方はいませんか?

今回は、闇金対応を弁護士に依頼した場合の流れやメリット、具体的な費用などについて、分かりやすく説明しています。

この記事を読んで、弁護士とともに闇金に立ち向かいましょう!

闇金から借りたお金は返さなくても良い

せんせい
せんせい
闇金の見分け方や対象法についてまとめたこの記事でお伝えしたように、闇金から借りたお金は、原則として、利息も元本も返済する必要はありません。

また、既に返済してしまったお金についても、原則として、利息も元本も取り返すことが可能だとされています。

民法708条(不法原因給付)

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

【引用:民法 – e-Gov

最高裁判決平成20年6月10日民集62・6・1488

本件ヤミ金融業者が借主(被害者)に対して行った一連の行為(著しく高利での貸付けや、弁済の名目で金銭を受領した行為)は不法行為となる。借主(被害者)はヤミ金融業者に元利金の弁済として支払った金額全額を損害として、損害賠償請求をすることができる。

それは分かったんですけど…。

先生、でも相手は闇金だし、やっぱり怖いですよ…。

さいむくん
さいむくん

弁護士に依頼した場合の流れ

せんせい
せんせい
そうですね。

いくら法律上は保護されるといっても実際に闇金に一人で立ち向かうことは現実的に難しいと思います。

そこで、法律と交渉のプロである私たち弁護士が闇金対応の依頼を受けた場合の流れについて紹介しますね。

闇金対応の流れ
  1. まずは無料相談
  2. 闇金業者への通知
  3. 闇金業者との交渉
  4. 返済したお金の返還請求
  5. 警察等への通報
弁護士なら、毅然とした態度で闇金と立ち向かってくれそうですね!

特に「闇金との交渉」については、正直僕は一人だと上手くいく気がしません…。

さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
なかには、闇金とはもう関わりたくないので、④と⑤はしなくても良い!という方も多いと思います。

その場合には、私たちにその旨伝えて頂ければ、③まで(今後の返済のストップまで)の対応とさせて頂きますよ!

闇金問題を弁護士に依頼するメリット4つ

せんせい
せんせい
ここまでは、闇金対応を弁護士に依頼した場合の具体的な流れについて紹介しました。

以下からは、弁護士に依頼した場合の具体的なメリットを4つ紹介します。

弁護士に依頼するメリット
  1. 取り立てがストップする
  2. すでに返済したお金を取り戻せる
  3. 交渉を一任できる
  4. 刑事告訴出来る

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓借金のお悩み無料相談↓↓

メリット1:取り立てがストップする

せんせい
せんせい
弁護士が介入することによって、闇金は「面倒な債務者だ」と思うようになるため、基本的には2、3日のうちに取立行為がストップします。

なかには執拗に取立行為を継続してくる場合もありますが、弁護士は闇金業者に対して繰り返し取立行為をやめるよう連絡します。

それでもなお取立てが継続する場合には、警察と連携するなどして取立行為を強制的にストップさせます。

メリット2:すでに返したお金を取り戻せる

せんせい
せんせい
闇金に対して返済を行っていた場合には、そのお金を取り返すことができます。

もっとも、闇金業者が任意に返還に応じることは極めてまれであり、弁護士の介入後は一切連絡が取れなくなることが一般的です。

弁護士は弁護士会を通じて携帯電話の発信者情報の開示請求をしたり、銀行口座の取引停止請求をすることができるんですよね!

だから、個人で対応する場合に比べてより確実に闇金業者を追及することができるんですね。

ともだち
ともだち
せんせい
せんせい
そして、相手が任意に返還に応じない場合には、闇金業者に対する民事訴訟を提起し、その勝訴判決を得ることによって、強制的に返還を求めることもできます。

ただし、この場合には弁護士費用も追加でかかってしまうので、訴訟を提起するかどうかは、しっかり話し合いましょう。

メリット3:交渉を一任できる

せんせい
せんせい
闇金との交渉を一任することができるのは、弁護士に依頼する最も大きなメリットと言えます。

相手は脅迫のプロですから、あの手この手で債務者を心理的に追い込んできますからね。

あと、いくら闇金相手とはいえ、「自分から借りておいて踏み倒すのはちょっと…」って思っちゃうんだよね。

この点、弁護士なら法律のプロという立場から、客観的に交渉に臨んでくれるからありがたい!

さいむくん
さいむくん

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓借金のお悩み無料相談↓↓

メリット4:刑事告訴できる

せんせい
せんせい
弁護士が介入することによって、警察が動いてくれやすくなります。

本来、闇金行為も苛烈な取立行為も違法行為なのですが、残念ながら、警察が捜査に乗り出してくれないことが多くあるんですよね…。

こんな場合でも、私たち弁護士が書類をまとめて警察に提出すれば、警察が動いてくれるケースがよくあります。

警察が動いてくれれば、闇金業者は逮捕を嫌がって、交渉や返金に応じてくれる可能性が高くなりますね!

そして何より、今後の被害者を少しでも減らすためにも、悪い奴にはしっかり捕まってもらわないと。

ともだち
ともだち

闇金に「弁護士に相談しても意味がない」と言われたら?

さいむくん
さいむくん
先生、前に闇金業者から、「弁護士に相談しても意味がない」とか、「民事不介入だから警察は動かない」と言われたことがあるんですが…。
それは闇金業者の常套句ですね。

そんなことを言うのは、実際に弁護士や警察に介入されると闇金が困るからです。

その証拠に、私たち弁護士が闇金対応に介入した場合、ほとんどのケースで闇金はすぐおとなしくなりますよ。

せんせい
せんせい
ともだち
ともだち
じゃあ、闇金が何を言おうと、やっぱり弁護士に相談するのがいいんだね!

警察に門前払いされた場合でも、弁護士が介入してくれたら動いてくれやすいって話だったし、緊急事態以外だったらまず弁護士に相談するのがいいね。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓借金のお悩み無料相談↓↓

弁護士費用はどれくらい?費用を準備できない場合は?

さいむくん
さいむくん
先生、ちょっと言いづらいんだけど、弁護士費用って高いイメージがあるんだけど…。

いくらくらいかかるのか、その費用を用意できないときはどうすれば良いのか知りたいです!

弁護士費用は5万円~

せんせい
せんせい
闇金対応を弁護士に依頼した場合の費用は、事件の難易度にもよりますが、大体1社あたり5万円から10万円程度が相場だと思います。

ただし、先ほども述べたように、既に支払ってしまったお金を取り返すための裁判を行う場合には、これに追加費用がかかることになります。

今はほとんどの弁護士が無料相談と無料見積もりに応じていますよね。

どの程度費用が必要なのかについては、最初の相談のときにしっかり話し合ってみると良いかも!

ともだち
ともだち

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓借金のお悩み無料相談↓↓

弁護士費用を準備できないときは?

せんせい
せんせい
最近では、弁護士費用の分割払いに応じる弁護士も増えていますから、初回相談の際に分割可能かも問い合わせてみると良いでしょう。

また、費用の用意が難しい方は、国が整備している日本司法支援センター(法テラス)を利用するという手もあります。

だけど、法テラスでは弁護士を自分で選ぶことはできないんでしたね。

闇金対応に慣れていない弁護士にあたってしまうと、交渉がうまくいかないってこともあり得るかも…。

ともだち
ともだち

まとめ

さいむくん
さいむくん
今回のお話をまとめると、次のようになるね。
今日のまとめ
  • 闇金にお金を返す必要はない
  • 既に支払ってしまったお金は取り返すことも可能
  • 闇金対応はひとりで行わず、弁護士に一任しよう
せんせい
せんせい
今回は闇金対応を弁護士に依頼した場合のメリットや費用などについて紹介しました。

もっとも、この記事を読んでいる方で、自宅に押しかけられて困っているなど今まさに苛烈な取立て被害に遭っている方は、直ちに警察に通報するようにしてくださいね!

弁護士に相談することで
借金を大幅に減らせる可能性があります。
催促の電話を止めたい
毎月の返済額を減らしたい
返済するのが難しくなった
過払い金があるのか気になる

まずは借金問題の解決実績が豊富な
FAST法律事務所に無料でご相談ください。

今すぐご相談されたい方はこちら
0120-201-727
受付時間:10:00~19:00
著者情報

この記事の監修者
岡本 順一
岡本 順一FAST法律事務所 代表弁護士

2013年弁護士登録後、都内の法律事務所に所属。

企業法務をはじめ、離婚・男女トラブルの案件、芸能関係の案件、債務整理関連の案件などを多数手がける。

2022年よりスタートアップ法務を専門に手がけるFAST法律事務所の代表弁護士に就任。

監修者の詳細なプロフィール
この記事の筆者
浜北 和真株式会社PALS Marketing コンテンツディレクター

2017年から法律メディアに携わりはじめる。離婚や債務整理など、消費者向けのコンテンツ制作が得意。
監修したコラムはゆうに3000を超える。

20代後半に作ってしまった借金100万円を自力で完済した。

筆者の詳細なプロフィール