過払い金

過払い金請求は弁護士に相談!弁護士費用や返還額を紹介

さいむくん
さいむくん
ネットで調べると「過払い金を自分でする方法」とか、実際に自分で請求した人の体験記なんかも見つかりますよね。

過払い金請求といえば弁護士に依頼するものだと思っていたけど、本当に自力でも対応できるんですか?

あまりネットの情報をうのみにしたらダメだよ。過払い金請求は決してカンタンじゃない。弁護士の力を借りたほうが安全だよ。
せんせい
せんせい

違法なグレーゾーン金利が適用されてきたことで、貸金業者に対して余計に支払ってきたお金のことを「過払い金」といいます。

過払い金が発生している場合は、請求すれば返還を受けることが可能です。

ただし、過払い金請求には法的な知識や経験が欠かせません。

そこで登場するのが弁護士ですが、やはり費用の負担が気になって弁護士への依頼をためらってしまう方も少なくないようです。

過払い金請求には弁護士のサポートが必要なのでしょうか?

依頼するとどのくらいの費用がかかり、弁護士に依頼することでどのような成果が期待できるのでしょう?

過払い金請求を弁護士に依頼したいと考えている方が抱えるさまざまな疑問を解消していきます。

過払い金請求に弁護士は必要?

さいむくん
さいむくん
過払い金請求といえば「◯◯法律事務所」とか「△△弁護士事務所」がCMをやっているし、やっぱり弁護士に依頼するものっているイメージがありますよね。

でも、弁護士に依頼すると費用がかかるわけだし、もしかして「弁護士に頼まなくても請求できるんじゃない?」とか考えちゃいます。

そう考える方も少なくないみたいだね。じゃあ、過払い金請求に弁護士は必要なのかを考えていこう。
せんせい
せんせい

かならず弁護士が必要というわけではない

せんせい
せんせい
まず大前提として、過払い金を請求できる主体は「借主本人」だよ。弁護士は、報酬を得て代理人を務めることができる数少ない資格者なんだ。
ということは、別に弁護士に依頼しなくても借主本人なら請求は可能ってことですよね?
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
そのとおりだよ。過払い金請求について「弁護士しか対応できない」と定めた法律や規定はどこにも存在しないんだ。

自分で請求した場合に起きること

さいむくん
さいむくん
弁護士に依頼しなくてもいいなら、なんで費用がかかるのに弁護士に依頼する人が多いんですか?

自分で請求したほうが費用も節約できるし、手元に返ってくるお金は増えるんですよね?

それは過払い金請求がとてもむずかしい手続きだからだよ。もし、目先の費用惜しさに自力で請求していると、こんな失敗が起きるかもしれないよ。
せんせい
せんせい
自分で過払い金請求をしたときに
起きること

 

  • 貸金業者がまともに相手にしてくれず、交渉が進まない
  • 過払い金額を算出するための「引き直し計算」を間違ってしまう
  • 貸金業者が提示してくる返還額が少なくなる
  • 裁判に踏み切った場合、対応に手間取ってしまう
さいむくん
さいむくん
そう考えると、自分で対応するのは避けたほうがよさそうですね…

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓過払い金請求にオススメ↓↓

過払い金請求の弁護士に依頼した場合の内訳・相場

せんせい
せんせい
弁護士に過払い金請求を依頼した場合にかかる費用の内訳や相場を確認しておこう。
弁護士費用の項目 内容 費用の相場
相談料 弁護士への法律相談にかかる費用 30分あたり5,000円
着手金 弁護士に依頼した場合にかかる頭金 1社につき2~3万円
解決報酬金 借金の減額・過払い金の回収に成功した場合の報酬 1社あたり2万円以下
※商工ローン5万円以下
減額報酬金 借金の減額に成功した場合の報酬で、減額分によって変動する 減額分の10%以下
過払金報酬金 過払い金の回収に成功した場合の報酬で、回収額によって変動する 訴訟によらない場合は回収額の20%以下
訴訟による場合は回収額の25%以下
実費 貸金業者への通知に使用する切手代、交渉に出向くための交通費、裁判所の手数料など ⁻⁻⁻
合計 4~5万円
+回収額の20%
ここで気をつけたいのが「報酬金」の考えかただよ。いわゆる成功報酬の性格をもつから、借金の減額分や回収できた過払い金の金額に応じて変化するんだ。

完済後に過払い金を請求したときは過払金報酬金しか発生しないけど、まだ返済中に借金を消してさらに過払い金を回収できれば過払金報酬金だけでなく減額報酬金も発生するよ。

せんせい
せんせい

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓過払い金請求にオススメ↓↓

過払い金請求を弁護士依頼した場合の流れ

せんせい
せんせい
過払い金請求の対応を弁護士に任せた場合の流れを確認しておこう。
弁護士に任せた場合の流れ
  • まずは弁護士に相談
  • 受任通知を債権者に発送
  • 法定金利への引き直し計算をする
  • 過払い金を返還してもらうべく交渉する
  • 過払い金が返還される
意外と手間がかかるんですね。
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
自力で請求する場合は、このプロセスのすべてを自分だけでやらないといけない。でも、弁護士に依頼すれば依頼主としてやるべきことは「弁護士への相談」だけだよ。

最初のアクションを起こすだけで、あとは待つだけなんだ。

これだけの流れだと、どれくらいの時間がかかるんですか?
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
交渉の経緯次第だけど、実際の回収までに早くても3~4か月くらいの時間がかかるよ。

交渉が難航すれば6か月くらい、複数の業者を相手にしている場合は1年近い時間がかかることもあるんだ。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓過払い金請求にオススメ↓↓

過払い金の返還に成功したケース

せんせい
せんせい
過払い金請求の対応を弁護士に依頼して成功した実例をみていこう。

①完済後4社から合計966万円の過払い金を回収したケース

せんせい
せんせい
消費者金融4社からの借入で、いずれも14~16年という長期にわたって返済を続けていた事例だよ。

完済後に過払い金請求をした結果、なんと1,000万円近い過払い金を回収したんだ。

借入先 過払い金の回収額
アコム 350万円
アイフル 86万円
プロミス 80万円
オリコ 450万円
合計 966万円

【引用:過払い金の解決事例|名古屋総合法律事務所

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓過払い金請求にオススメ↓↓

②5社からの借金がゼロになり190万円を回収した事例

せんせい
せんせい
A~Eの5社から借金を重ねて合計189万円の返済に追われていた事例だよ。過払い金請求によって借金がゼロになったうえに190万円の過払い金回収にも成功したんだ。
借入先 当初の借入残高 過払い金の回収額
A社 35万円 53万円
B社 43万円 89万円
C社 48万円 15万円
D社 40万円 13万円
E社 23万円 20万円
合計 189万円 190万円

【引用:過払い金返還請求の成功事例|千葉いなげ司法書士行政書士事務所

これくらいのケースだと、実際に依頼主の手元にはどのくらいのお金が返ってくるんですか?
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
このケースで依頼主が最終的に手にしたのは、回収額のおよそ半分にあたる100万円だよ。

借金をゼロにしたことで減額報酬金が発生し、さらに過払い金を回収したから過払金報酬金も発生したから弁護士費用は高額になったんだね。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓過払い金請求にオススメ↓↓

弁護士と司法書士・どちらに依頼すればいい?

さいむくん
さいむくん
自力で請求するのは難しいうえに失敗しやすいのは理解できたんだけど、過払い金請求は弁護士だけじゃなくて司法書士でも対応できるんですよね?

どちらに依頼するのがおすすめですか?

弁護士と司法書士のどちらに依頼するのか迷っているなら、どのくらいの借入額があるのかを基準に考えてみよう。
せんせい
せんせい

借入額が低い場合は司法書士へ

せんせい
せんせい
司法書士が対応できるのは、1社あたりの請求額が140万円を超えない事案だけだよ。

借入額が低い、期待できる過払い金額が小さいといったケースなら司法書士への依頼を考えてみよう。

司法書士に依頼するメリットってあるんですか?
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
司法書士に依頼しても、期待できる結果は弁護士と同じだよ。回収額が変わるわけでもない。

ただし、司法書士のほうが費用の設定が安い傾向があるので、費用を節約したいなら司法書士に依頼したほうがいいかもしれないね。

借入額が多額なら弁護士へ

せんせい
せんせい
借入額が多額で1社あたりの請求額が140万円を超える、あるいは多額の過払い金が発生する試算のケースは、司法書士では対応できない。

また、複数の貸金業者との間に借金があって、債務整理の一環として過払い金請求をする場合も弁護士に任せたほうが安全だよ。

どうして「債務整理の一環なら弁護士」なんですか?
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
司法書士が担当できるのは簡易裁判所の管轄にかかる事件に限られるから、地方裁判所に申し立てる「個人再生」や「自己破産」には対応できないんだ。

借入額が多額だと、減免効果が高い個人再生・自己破産を選択することになるから、最初から弁護士に依頼したほうがいいよ。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓過払い金請求にオススメ↓↓

まとめ

せんせい
せんせい
過払い金請求は自力でも可能だけど、スムーズで効果的な回収を期待するなら弁護士への依頼を考えたほうがいい。大切なポイントをまとめていくよ。
過払い金請求を
弁護士に依頼したほうがいい理由

 

  • 過払い金請求は自分でもできる、かならず弁護士に依頼しないといけないわけではない
  • 個人からの請求だと貸金業者がまともに相手にしてくれないし、回収額も低くなるおそれがある
  • 過払い金請求は意外と手間がかかるので、弁護士に任せたほうがよい
  • 弁護士だけでなく司法書士への依頼も可能、ただし司法書士は一定の制限がある
自分で請求すると面倒だし、手間がかかる割に回収額も低くなるなら最初から弁護士に任せたほうがいいですね。
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
そのとおり!過払い金請求を成功させたいなら、実績豊富な弁護士に相談して対応を一任することをおすすめするよ。
弁護士に相談することで
借金を大幅に減らせる可能性があります。
催促の電話を止めたい
毎月の返済額を減らしたい
返済するのが難しくなった
過払い金があるのか気になる

まずは借金問題の解決実績が豊富な
FAST法律事務所に無料でご相談ください。

今すぐご相談されたい方はこちら
0120-201-727
受付時間:10:00~19:00
著者情報

この記事の監修者
岡本 順一
岡本 順一FAST法律事務所 代表弁護士

2013年弁護士登録後、都内の法律事務所に所属。

企業法務をはじめ、離婚・男女トラブルの案件、芸能関係の案件、債務整理関連の案件などを多数手がける。

2022年よりスタートアップ法務を専門に手がけるFAST法律事務所の代表弁護士に就任。

監修者の詳細なプロフィール
この記事の筆者
浜北 和真株式会社PALS Marketing コンテンツディレクター

2017年から法律メディアに携わりはじめる。離婚や債務整理など、消費者向けのコンテンツ制作が得意。
監修したコラムはゆうに3000を超える。

20代後半に作ってしまった借金100万円を自力で完済した。

筆者の詳細なプロフィール