任意整理

任意整理は弁護士に相談|依頼するメリットをわかりやすく解説

Pocket
LINEで送る

さいむくん
さいむくん
任意整理をしようと思ってるんだけど、これって自分でやっても大丈夫なのかな?
任意整理って、サラ金などと直接交渉して、今後の利息をカットする手続きのことだよね。

「直接」交渉するわけだから、自分でもできるんだろうけど、実際どうなんだろうね?

ともだち
ともだち

任意整理をご検討の方で、このようにお悩みの方はいませんか?

この記事では、任意整理を弁護士に依頼した場合のメリットや費用、司法書士との比較などを紹介していきます!

任意整理を弁護士に依頼するメリット5つ

せんせい
せんせい
任意整理は、個人再生や自己破産などと異なり、裁判所を通じた手続きではありません。

そのため自分自身で行うことも可能ですが、弁護士に依頼した場合には次の5つのメリットがあることは是非知っておいて下さい!

任意整理を弁護士に依頼する
メリット5つ

 

  1. 借入先からの催促がストップする
  2. 手続きが簡単
  3. 手続きが早い
  4. 交渉がスムーズに進む
  5. 過払い金の返還請求ができることもある
先生、「借入先からの催促がストップする」っていうのは、どういう意味ですか?
さいむくん
さいむくん
せんせい
せんせい
私たち弁護士が債務整理を依頼すると、サラ金などの借入先に対し、「受任通知」というものを発送します。

この受任通知が到達した後、サラ金などは、借り手に対して催促をしたり、直接連絡することが法律上禁止されているんです。

自分で任意整理手続きを行う場合には、引き続き催促の電話などが掛かってきますから、注意してくださいね!

自分で債務整理をすると、書類に不備があったり、交渉が難航したりするって聞いたことがあります。

かなり悪戦苦闘したあとで、借入先から「まず弁護士に相談してください。そのあと話合いましょう」って言われたケースもあるとか…。

ともだち
ともだち
せんせい
せんせい
そうですね。交渉がこじれてしまうと、最悪の場合には訴訟に発展してしまうおそれがあります。

交渉をスムーズに進め、よりよい和解ができるようにするためにも、交渉のプロでもある私たち弁護士に是非頼ってほしいですね。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓任意整理にオススメ↓↓

弁護士費用はどれくらい?費用を準備出来ない場合は?

さいむくん
さいむくん
なるほど、弁護士に依頼したらたくさんメリットがあるのはわかりました。

だけど先生、ちょっと言いづらいんだけど、弁護士費用ってお高いんでしょう…?

弁護士費用は5万円~、法テラスでは4万3千円~

せんせい
せんせい
債務整理に必要な弁護士費用は、借入額などによっても異なりますが、借入先1社当たりにかかる費用はおおむね以下の通りです。
弁護士に依頼した場合 1社あたり5~10万円
法テラスで依頼した場合 1社あたり4万3千円
法テラスって、国が整備している日本司法支援センターのことですよね。

法テラスは安いっていうイメージがあったけど、自分で弁護士に依頼する場合とあまり変わらないんですね。

ともだち
ともだち
せんせい
せんせい
法テラスの場合には、自分で弁護士を選ぶことはできないため、任意整理手続が得意ではない弁護士にあたってしまうと、かえって時間がかかってしまう、というおそれもあります。

ほとんどの法律事務所は無料相談と無料見積もりに応じていますから、どれくらい費用が必要なのかをまずは相談すると良いと思いますよ!

弁護士費用を用意出来ない場合の対処法

さいむくん
さいむくん
だけど先生、正直5万円を急に準備するのも難しいよ…。
最近では、弁護士費用の分割払いに対応している事務所も増えていますよ!

また、任意整理後も原本の返済は続けていくことになりますが、その返済と弁護士費用の支払いが被らないように対応する事務所も多くあります。

せんせい
せんせい
さいむくん
さいむくん
なるほど!では月々の支払い額を今よりも安く抑えつつ、弁護士に依頼することが可能なんですね!

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓任意整理にオススメ↓↓

司法書士より弁護士をおすすめする理由3つ

さいむくん
さいむくん
先生、任意整理は司法書士にお願いすることもできるって聞いたことがあります。

弁護士に依頼する場合と、司法書士に依頼する場合とを比較してくれませんか?

正直、費用が安いって噂の司法書士にお願いしようかと思っているんですが…。

弁護士なら、借金の額に関係なく依頼できる

せんせい
せんせい
はい。司法書士も任意整理手続を行うことが可能で、一般的に費用も弁護士より安い場合が多いようです。

もっとも、司法書士の場合には、借入額が1社あたり140万円以上の案件は扱うことができません。

これに対し、弁護士にはそのような縛りはありません。

交渉が決裂しても、弁護士なら戦える

せんせい
せんせい
また、もし交渉が決裂して訴訟となってしまい、さらにどちらかが第一審の判決に納得しない場合には、司法書士はそれ以降の手続きに関与することができません。

この点、弁護士ならどの段階であっても債務者の代理人となることができます。

なるほど!途中から代理人が代わって、またいちから説明するのは面倒ですよね。

万が一のことを考えると、やっぱり最初から弁護士に依頼するのが安心だ!

ともだち
ともだち

個人再生・自己破産の申立てができるのは弁護士だけ

せんせい
せんせい
任意整理の交渉が決裂したり、やはり返済が難しい!という場合には、個人再生や自己破産など他の債務整理手続きに以降する場合があります。

個人再生や自己破産では、裁判官や貸し手などと面談する機会があるのですが、この面談に同席することができるのは弁護士だけであり、司法書士にはできません。

弁護士や貸し手と面談!?そんなのにひとりで臨むのは不安すぎる…。

弁護士が隣からアドバイスしてくれるなら、まだ少しは安心かも!

さいむくん
さいむくん

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓任意整理にオススメ↓↓

任意整理にかかる期間

さいむくん
さいむくん
なるほど、ではやはり弁護士に依頼するのが一番メリットがあるってことですね!

先生、任意整理ってどれくらいの期間がかかるものなんですか?

任意整理に必要な期間は、初回の相談から合意書を交わすまで、およそ3か月から半年程度です。

個人再生や自己破産の場合には、1年以上かかることもザラですから、任意整理は比較的スピーディーな手続きといえますね。

せんせい
せんせい
ともだち
ともだち
思っていたより早いんですね!しかも、弁護士に依頼すればその間も貸し手からの催促はストップするんでしたもんね。

先生、この期間が長引いてしまうこともあるんですか?

そうですね、①自分で手続をする場合、②法テラスに依頼した場合、には、交渉が難航したり、不慣れな弁護士にあたるなどして、時間がかかってしまうおそれがあります。
せんせい
せんせい
任意整理に時間がかかる原因2つ
  1. 手続きを自分で行う場合
  2. 法テラスを利用する場合
さいむくん
さいむくん
なるほど。結局、債務整理に強い弁護士に依頼することが、早期解決への近道へといえますね!

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓任意整理にオススメ↓↓

任意整理でよくある質問

さいむくん
さいむくん
先生!あといくつか聞きたいことがあるので、質問します!

ちょっと疲れてきたので、簡単にお願いしますよ!

正社員じゃなくても任意整理は可能ですか?

せんせい
せんせい
はい。可能です。パートやアルバイトで安定した収入があったり、専業主婦(夫)であっても配偶者に安定した収入があれば可能です。

一方、無職や休職中の場合には、家族からの継続した支援を受けられる場合などを除いては、任意整理の合意形成は難しいため、個人再生や自己破産などを検討しましょう。

家族や会社にバレませんか?

せんせい
せんせい
基本的に、任意整理手続きはご家族やお勤め先に知られることなく行うことができます。

金融機関等は顧客の情報について守秘義務を負っていますし、任意再生は裁判所を通じた手続きではないため、官報(国がほぼ毎日発行する新聞のようなもの)に個人名等が掲載されることもないからです。

また、多くの法律事務所では、依頼人からの申出に応じて、法律事務所と名乗っての電話や郵便物の郵送を控え、個人名でコンタクトする、などの対応を行っているようです。

ただし、任意整理後はしばらくの間キャッシングやローンの申込みができなくなりますから、それをきっかけに知られてしまう可能性はあります。

一部の借金だけを任意整理できますか?

せんせい
せんせい
可能です。

任意整理は、債務者と債権者との間で直接に行われる交渉ですから、特定の債務だけを任意整理の対象とすることができます。

これに対し、個人再生や自己破産の場合には、すべての債務が整理の対象となりますので、特定の債務だけを除外することはできません。

任意整理後もキャッシングやローンを利用できますか?

せんせい
せんせい
基本的に、できません。

任意整理をすると、5年から10年ほどの間、いわゆるブラックリストに載ってしまうため、この間はキャッシングやローンを利用することはできません。

保証人に迷惑がかかりませんか?

せんせい
せんせい
保証人のついていない債務のみを任意整理することによって、保証人に迷惑がかかることを防ぐことができます。

自動車や家などの財産は処分されますか?

せんせい
せんせい
任意整理の場合、自動車や不動産といった財産を手放す必要はありません。

ただし、自動車や住宅のローンが「所有権留保付売買契約」という形態のものであれば、その債務を任意整理することによって、債務の完済までの間は利用できなくなったり、処分されてしまうこともあります。

もっとも、任意整理の場合は整理の対象となる債務を自分で選ぶことができるため、こうした債務については整理の対象から除外することができます。

どれくらいの期間で分割するのですか?

せんせい
せんせい
任意整理後の返済計画は、3年~5年かけて完済をしていく計画で合意することが一般的です。

また、ボーナスや退職金などの臨時収入があった場合に、予定よりも大きな額を支払うことは可能です。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓任意整理にオススメ↓↓

まとめ

ともだち
ともだち
今回の話をまとめると、次のようになりますね。
まとめ
  • ノンストップで依頼できるのは弁護士だけ
  • 弁護士に依頼した場合の費用は5万円~
  • 弁護士費用は分割での支払いも可能
なるほど!最初は自分でやろうと思っていたけど、やっぱり弁護士に依頼するのが一番良いみたいですね。

なんとなく弁護士を入れると大事になるような気がしてイヤだったんだけど、考えが変わりました!

さいむくん
さいむくん
ともだち
ともだち
そもそも、すでに借金で大事になってるんだから…。

ここは一時の恥と思って、まずは弁護士に相談してみようね!

Pocket
LINEで送る

弁護士に相談することで
借金を大幅に減らせる可能性があります。
催促の電話を止めたい
毎月の返済額を減らしたい
返済するのが難しくなった
過払い金があるのか気になる

まずは借金問題の解決実績が豊富な
FAST法律事務所に無料でご相談ください。

今すぐご相談されたい方はこちら
0120-201-727
受付時間:10:00~19:00
まずは借金が減るか調べたい方はこちら