借金返済

脱サラして失敗して借金を抱える理由とは?解決方法も紹介!

Pocket
LINEで送る

脱サラして借金を抱えてしまった方、あるいは抱えそうで不安のある方はいませんか?

この記事では、脱サラして借金を抱える主な原因や、借金問題を解決すべき具体的な方法について、分かりやすく説明しています!

さいむくん
さいむくん
もうサラリーマン生活はコリゴリだ!

そうだ、脱サラして会社に振り回されない人生を送ろう!

ちょっと待ってよ!

脱サラに失敗して借金を抱える人もたくさんいるんだよ!

今のうちに、どうして脱サラで借金をしてしまうのか、考えておこうよ!

ともだち
ともだち

脱サラをお考えの方、あるいは既に脱サラした方で、借金にお悩みの方はいませんか?

この記事では、脱サラして借金をしてしまう理由や、借金問題を解決する方法について、詳しく紹介しています!

脱サラして借金をつくったら、債務整理をしよう

せんせい
せんせい
結論から言えば、借金を恐れて脱サラしないのはもったいないよ。

脱サラに失敗して借金をつくってしまっても、債務整理をしてもう一度人生をやり直すことだって可能だからね。

債務整理って、①任意整理、②個人再生、③自己破産の3種類があるんでしたよね。

債務整理の細かい比較や、手続きや費用の内容については、こちらの記事でも紹介してくれましたね!

ともだち
ともだち
方法  内容
①任意整理 今後の利息をカットする
②個人再生 借金の返済総額を少なくし、分割返済する
③自己破産 借金をゼロにする(免責)
せんせい
せんせい
ケースバイケースだけど、脱サラ失敗による借金の場合、①任意整理が一番おすすめだ。

個人再生や自己破産では事業に必要な資材を処分したり、ライフライン以外の契約を解除しなければならないんだけど、任意整理だとそれはしなくてもいいからね。

事業をたたむ場合なら別だけど、事業を継続したいのなら任意整理を検討するといいよ。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓任意整理にオススメ↓↓

脱サラに失敗して借金をしてしまう理由3つ

せんせい
せんせい
次に、脱サラが失敗してしまう主な原因をみていこう。

これから脱サラしようとする人も、今まさに脱サラして事業をしている人も、きっと学ぶべきところがあるはずだよ。

理由1:計画がずさんだったから

せんせい
せんせい
脱サラに失敗する一番の理由は、計画不足と準備不足だ。

確かにビジネスに勢いは大事だけど、勢いだけでは上手くいかないのがビジネスだからね。

ビジネスを成功させるためには、綿密な市場調査や販路獲得方法の研究が不可欠だよね。

さいむくんみたいに、今の会社に不満があるとか、何となくの勢いで出発すると上手くいかないかも…。

ともだち
ともだち

理由2:知識・経験が不足していたから

せんせい
せんせい
サラリーマンとして成功することと、経営者として成功することとは全く別物だ。

だから、経営者としての知識や経験を全く積まないまま脱サラすると、失敗するリスクが高まる。

確かに…。

月に1千万円売り上げるカーセールスマンだったとしても、どこから車を仕入れるのか、どこに店を出すのか、そうした経営者としての知識はまったく別物だよね。

さいむくん
さいむくん

理由3:自分を過信しすぎたから

せんせい
せんせい
上の二つの理由と共通するけど、「自分は絶対に上手くいく!」と過信してしまう人は、計画もずさんになるし勉強もおろそかになって、脱サラに失敗しやすい。

特にサラリーマンとして成功していた人ほど、会社の力を自分の力と混同してしまって、自分を過大評価してしまいがちだ。

自分を過信していると、「まだ何とかなる」と思って、軌道修正が遅れてしまうかも。

そうなると泥沼だ…。

ともだち
ともだち

脱サラ失敗を自覚すべきタイミングとは

せんせい
せんせい
脱サラに失敗した場合、損失の拡大を防ぐためにも、早めに損切りすることが大切だ。

ズルズルと事業を続けてしまうと借金が膨らむし、再就職も難しくなるからね。

以下の3つのポイントに当てはまる人は、脱サラ失敗を受け入れて、次の新しい一歩を踏み出すきっかけにしよう。

3つのポイント
  1. 赤字が続いている
  2. 融資を断られる
  3. 必要な支払いができない

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓借金のお悩み無料相談↓↓

1:赤字が続いている

せんせい
せんせい
開業後しばらく赤字が続くことは仕方ないけど、いつまでも黒字転換できないようであれば、早めに事業をたたむか路線変更したほうがいい。

事業計画を立てたときに損益分岐点や黒字化タイミングを計画すると思うけど、そのポイントを超えても黒字にならないようであれば、当初の計画に無理があったということだ。

2:融資を断られる

せんせい
せんせい
銀行に融資を申し込んで断られた場合には、客観的にみて事業や財政状況に無理があるということだ。

融資のプロがゴーサインを出さない状況であれば、そこから挽回するのはかなり厳しいだろうね。

つまり、大幅な路線変更か撤退を検討すべき段階にあるってことだよね。

資金繰りが厳しいからって、絶対に闇金なんかに手を出さないでね!

闇金からお金を借りた債務者がどんな末路をたどるのかは、この記事でも詳しく紹介してるよ!

ともだち
ともだち

3:必要な支払いができない

せんせい
せんせい
取引先や融資先などへの支払が滞ったときも、撤退のタイミングだと考えよう。

借金を借金で返し始めると、あっというまに借金が膨らんで、すぐに致命的な状況に陥ってしまう。

だから、そんな時は無理に資金繰りに走るのではなく、脱サラ失敗を受けいれて潔く事業から撤退しよう。

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓借金のお悩み無料相談↓↓

まとめ

ともだち
ともだち
今回の話をまとめると、次のようになるね。
今日のまとめ
  • 脱サラに成功する人はごくわずか
  • 失敗することは恥ずかしいことではない。損切りのタイミングを見極めよう
  • 債務整理で人生の再スタートを切ろう
脱サラにはリスクがつきものだ。だけど、リスクを恐れていちゃ何も出来ない!

そして、どうしても事業がうまく行かないと思ったときは、損失が拡大しないうちに撤退する決断も経営者として大切だ。

借金問題は債務整理によって解決することも可能だから、決して失敗を恐れず、恥じず、新しい人生をスタートしよう!

せんせい
せんせい
Pocket
LINEで送る

弁護士に相談することで
借金を大幅に減らせる可能性があります。
催促の電話を止めたい
毎月の返済額を減らしたい
返済するのが難しくなった
過払い金があるのか気になる

まずは借金問題の解決実績が豊富な
FAST法律事務所に無料でご相談ください。

今すぐご相談されたい方はこちら
0120-201-727
受付時間:10:00~19:00
まずは借金が減るか調べたい方はこちら