自己破産

自己破産の方法は?具体的な手順や費用・期間を紹介

さいむくん
さいむくん
先生、自己破産て自分でも手続きできるって聞いたんですけど、実際のところどうなんですか?

借金が返済不可能になってしまった場合、最終的には債務整理をすることになります。

その中でも最も強力なのが「自己破産」。免責が認められれば借金の返済が免除されます。

魅力的な制度なので興味がある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、自己破産なんてどうやって手続きをすればいいのか、わかる方はごく少数。

手続きには法律に関する専門的知識が必要になります。

この記事では、自己破産に必要な手続きや行動を出来るだけわかりやすく、「借主側に必要な行動だけに絞って」解説しています。

自己破産は自力で手続きできる?

せんせい
せんせい
まずは、多くの人が気になっているであろう、「自己破産は自力で出来るのか?」について解説していくよ!

手続きが難しく個人で手続きするのは難しい

せんせい
せんせい
結論からいうとね、自力で自己破産の手続きをするのは難しいんだ。

出来ないわけではないけど、手続きが難しくて現実的に不可能、という表現が正しいかな。

個人で破産手続きをするのが
難しい理由

 

  • 多くの書類を全て自分で集めなければならない
  • 申し立て書類を自分で作成し、提出しなければならない
  • 裁判官との面接などもすべて自分で行わなくてはならない

法律の専門的な知識が必要となる上に手間が非常にかかります。

不可能ではないとはいえ、多くのが方がサジを投げてしまうのが実情のようです。

自己破産は弁護士に依頼するのが一般的

せんせい
せんせい
自己破産は弁護士に依頼するのが一般的だよ。

自己破産の手続きが出来るのは弁護士だけなんだ。

個人で手続きをするのは難しいから、実際はほぼ全員が弁護士に依頼をするんだ。

裁判所への申し立て~手続きの完了まで、すべて対応してくれるだけじゃなくて、「貸金業者からの取り立てがストップする」など、依頼した人には他にもメリットがあるんだよ!

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

自己破産を弁護士に依頼した際の流れ

それでは、自己破産を弁護士に依頼した際の流れについて紹介していきます。

借主の方がイメージしやすいよう、借主目線で、自ら行わなくてはならないアクションなどを中心にまとめていきます。

①まずは弁護士に相談

せんせい
せんせい
とにもかくにも、まずは弁護士に相談!

今の悩みや、借金の額や収入など、聞かれたことに答えていこう。

そして、本当に自己破産かどうか判断しよう。

必要となったら、貸主たちに「受任通知」を送るんだ。

受任通知には以下の内容が記されています。

受任通知の内容
  • 借主から依頼を受けたこと
  • 今後借主に直接取り立てをしないこと
  • 今までの貸し借りの履歴を照会すること

受任通知が相手方に届くと、取り立ての連絡がなくなり、返済がストップします。

そうしましたら②に進みます。

②弁護士費用の積み立て開始

せんせい
せんせい
自己破産には、だいたい40~50万円くらいの弁護士費用がかかるんだ。

とはいっても、破産する人は貯金なんかないよね。

だから、弁護士事務所にお金を積み立てるんだ。

①の段階で返済がストップしているから、浮いた分のお金を弁護士事務所に毎月渡していく。

お金が貯めながら、これから説明する③と④をこなしていくことになるよ!

③必要書類を集める

せんせい
せんせい
申し立てに必要な書類を集めよう。

これらは全部を自分で集めるわけではなくて、弁護士から、指示を受けた書類を集めていくことになるよ。

必要書類の例
  • 申立書(弁護士が作成)
  • 陳述書(弁護士が作成)
  • 住民票
  • 給与明細など
  • 収入に関する書類
  • 資産に関する書類

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

④家計簿をつける

せんせい
せんせい
弁護士費用の積み立てをしながら、家計簿を作成しよう。

裁判所に、借主の収支状況を伝えるために必要になるんだ。

項目を分けて細かく記録していかなきゃいけないけど、弁護士に教わりながらやればいいから、心配はいらないよ。

ここで嘘をついたり、お金の使い方に問題があったりすると、破産が認められなくなるから注意してね。

問題のあるお金の使い方っていうのは、例えば、借金返済出来るくらいの収入があるのに、ギャンブルにお金を使っていたりする、とかだよ!

ともだち
ともだち

⑤積み立てが済んだら結果を待つ

せんせい
せんせい
弁護士費用の積み立てが完了したら、弁護士が正式に手続きを開始するよ。

裁判官や破産管財人(裁判所が選んだ弁護士)との面接がありますが、こちらも依頼した弁護士に同席してもらおう。

基本的には弁護士におまかせしていればOKだから、心配はいらないよ!

きちんとお金を積み立てていくことが、借主にとっては一番大切ということですね!
さいむくん
さいむくん

\LINEで無料相談しよう!/

↓↓自己破産に強い↓↓

自己破産は大きく分けて2種類

せんせい
せんせい
実はね、自己破産には2種類あって、状況に応じてどちらかを選択するんだよ。
自己破産には2種類
  • 破産者が一定の財産を所有しているか
  • 破産者が個人か・法人か など
必要となる期間や費用が変わるから、それぞれの違いを簡単に説明するね。
せんせい
せんせい

同時廃止(どうじはいし)

せんせい
せんせい
「同時廃止」とは、破産者が、お金に変えられるような財産を持ち合わせていない場合に行われる破産手続きだよ。

個人の場合、例えばさいむくんは、破産申し立て時には貯金などが皆無の状態だよね?

お金に変わる財産も残っていないことが多いから、ほとんどのパターンでこちらが選ばれるんだよ。

次に説明する「管財事件」と違って、財産の調査などがないから、スムーズに手続きが終わるのが特徴だよ。

管財事件(かんざいじけん)

せんせい
せんせい
「管財事件」とは、破産者がお金に変えられるような財産を所有している場合などに行われる破産手続きだよ。

この場合、裁判所が指定した弁護士(破産管財人)が、破産者の「財産の調査や管理」を行って、最終的に、売却したお金を貸主たちに配当していく形になる。

管財事件になると、家や車など、価値のある財産は処分されてしまうよ。

さっき説明した「同時廃止」の手続きと比べて、時間がかかるし、破産管財人に対するギャラもかかってしまうのが特徴かな。

また、裁判所に支払う費用(予納金)を大幅に減らした、「少額管財」という手続きも存在するよ!

こちらはちょっと難しいですね!

破産管財人とは、裁判所が用意した、「破産の手伝いをするスタッフ」みたいなイメージですかね?

さいむくん
さいむくん

まとめ

せんせい
せんせい
さいむくん、どうだった?

今日の内容は理解できたかな?一度振り返ってみようか。

今日のまとめ
  • 自己破産は自力でもできるけど非常に難しい
  • 実際のところ、ほぼ全員が弁護士に依頼をする
  • 弁護士費用は40~50万円くらい
  • 弁護士費用は積み立てができることが多い
  • 弁護士の指示に従って、家計簿の作成と書類集めをする
さいむくん
さいむくん
ありがとうございました!

弁護士に依頼をすれば返済がストップするんでしたよね?

それなら、もっと早く相談すればよかったと思います!

弁護士に相談することで
借金を大幅に減らせる可能性があります。
催促の電話を止めたい
毎月の返済額を減らしたい
返済するのが難しくなった
過払い金があるのか気になる

まずは借金問題の解決実績が豊富な
FAST法律事務所に無料でご相談ください。

今すぐご相談されたい方はこちら
0120-201-727
受付時間:24時間対応
著者情報

この記事の監修者
岡本 順一
岡本 順一FAST法律事務所 代表弁護士

2013年弁護士登録後、都内の法律事務所に所属。

企業法務をはじめ、離婚・男女トラブルの案件、芸能関係の案件、債務整理関連の案件などを多数手がける。

2022年よりスタートアップ法務を専門に手がけるFAST法律事務所の代表弁護士に就任。

監修者の詳細なプロフィール
この記事の筆者
浜北 和真株式会社PALS Marketing コンテンツディレクター

2017年から法律メディアに携わりはじめる。離婚や債務整理など、消費者向けのコンテンツ制作が得意。
監修したコラムはゆうに3000を超える。

20代後半に作ってしまった借金100万円を自力で完済した。

筆者の詳細なプロフィール